情報種別:海外安全情報(広域情報)
本情報は2014年12月26日に失効しました。

ギニア、リベリア、シエラレオネ及びナイジェリアにおけるエボラ出血熱の発生状況

2014年07月31日
1.
 ギニア、同国と国境を接するリベリア及びシエラレオネにおいて、エボラ出血熱が流行しています。
 また、ナイジェリアにおいても、同国では最初となる感染可能性例が確認されました。同国保健省によると、飛行機でガーナ及びトーゴを経由して7月20日にナイジェリアに到着した40歳のリベリア人男性が、エボラ出血熱様の症状を訴えてラゴス空港到着後直ちに病院へ搬送され、25日に死亡したとのことです。
 WHOの発表では、7月27日現在のギニア、リベリア、シエラレオネ及びナイジェリアの4か国における感染者数の合計は、死亡者729人を含む1,323人(感染確定:909人、可能性例:276人、疑い例:138人)となっており,各国の累計感染者数は以下のとおりです。

(1)ギニア
 死亡339人を含む460人(感染確定:336人、可能性例:109人、疑い例:15人)
(2)リベリア
 死亡156人を含む329人(感染確定:100人、可能性例:128人、疑い例:101人)
(3)シエラレオネ
 死亡233人を含む533人(感染確定:473人、可能性例:38人、疑い例:22人)
(4)ナイジェリア
 死亡1人(感染確定:0人、可能性例:1人、疑い例:0人)
 
 上記4カ国に渡航予定・滞在中の方は、ギニアについては在ギニア日本国大使館、リベリア及びシエラレオネについては在ガーナ日本国大使館(リベリア及びシエラレオネを管轄)、ナイジェリアについては在ナイジェリア日本国大使館等から最新の関連情報を入手するとともに、以下2.を参考に、野生動物の肉(Bush meatやジビエと称されるもの)を食さないなど、エボラ出血熱の感染予防を心がけてください。

2.エボラ出血熱について
 エボラ出血熱は、エボラウイルスが引き起こす、致死率が非常に高い極めて危険な感染症です。
 患者の血液、分泌物、排泄物などに直接触れた際、皮膚の傷口などからウイルスが侵入することで感染します。感染の拡大は、家族や医療従事者が患者を看護する際、あるいは葬儀の際に遺体に接する際に引き起こされることが報告されています。
 予防のためのワクチンは存在せず、治療は対症療法のみとなります。潜伏期間は2日から21日(通常は7日程度)で、発熱・悪寒・頭痛・筋肉痛・食欲不振などに始まり、嘔吐・下痢・腹痛などの症状があります。更に悪化すると、皮膚や口腔・鼻腔・消化管など全身に出血傾向がみられ、死に至ります。

(参考情報)
○厚生労働省検疫所/FORTH:「西アフリカでエボラ出血熱が発生しています(更新33)」
http://www.forth.go.jp/topics/2014/07241155.html
○国立感染症研究所:「エボラ出血熱とは」
http://www.nih.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/342-ebora-intro.html
○国際保健機構(WHO):Ebola virus Desease(英文)
http://www.who.int/csr/disease/ebola/en/
○WHO African Region:EPR Outbreak News(英文)
http://www.afro.who.int/en/clusters-a-programmes/dpc/epidemic-a-pandemic-alert-and-response/outbreak-news/
○シエラレオネ保健省Facebookページ:Ministry of Health and Sanitation, Sierra Leone(英文)
https://www.facebook.com/pages/Ministry-of-Health-and-Sanitation-Sierra-Leone/281064805403702

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
        (携帯版)  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

(現地大使館連絡先)
○在ギニア日本国大使館
  住所:Ambassade du Japon en Guinee, Landreah Port, Corniche Nord,
      Commune de Dixinn, Conakry, Republique de Guinee.
      郵便物宛先:B.P.895, Conakry, Republique de Guinee.
  電話:628-6838-38~41
  国外からは(国番号224)628-6838-38~41
  FAX:(衛星電話コード870)782-500-815(インマルサット)
  ホームページ:http://www.gn.emb-japan.go.jp/j/

○在ガーナ日本国大使館(リベリア及びシエラレオネを管轄)
  住所:Fifth Avenue, West Cantonments Accra, Ghana
  電話:(市外局番030)2765060、2765061
  国外からは(国番号233)30-2765060、2765061
  FAX:(市外局番030)2762553
  国外からは(国番号233)30-2762553
  ホームページ:http://www.gh.emb-japan.go.jp/j/

○在ナイジェリア日本国大使館
  住所:No.9, Bobo Street (off Gana Street), Maitama, Abuja, F.C.T., Nigeria
  電話:(市外局番09)461-2713/2714、3289/90
  国外からは(国番号234)9-461-2713/2714、3289/90
  FAX:(衛星電話コード870)782-255-541(インマルサット)
  ホームページ:http://www.ng.emb-japan.go.jp/j/