情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2016年05月24日現在有効です。

モロッコ:テロの脅威に関する注意喚起(更新)

2016年03月09日
【主な変更点】
・テログループが所持していた生物由来の毒物とテロの計画。

1 2月18日,中央司法捜査局(BCIJ)は,エッサウィラ(Essaouira),メクネス(Meknes)及びシディ・カセム(Sidi Kacem)において活動していたテログループを摘発したと発表しました。今回の摘発により,機関銃,拳銃,ライフル,催涙爆弾及び弾薬等,多量の武器等が押収されており,テロリストらは,リビアから運び込んだ武器,製造した爆発物,自動車爆弾を用いたテロを計画していたことが明らかになっています。また,3月3日,モロッコ内務省は,今回の押収物に,致死性の高い生物由来の毒物が含まれていたこと,同毒物を用いた国内でのテロの計画もあったことを明らかにしました。なお,報道によれば,同組織のテロの標的とされていたのは,首都ラバトの国会,カサブランカのモロッコ・モール,モロッコ王立リン鉱石公社(OCP)及びタバコ公社,エッサウィラのソフィテル・ホテル,旧市街(メディナ),欧州からの観光客,同地の名士や軍の高官,メクネスとマラケシュの軍の兵舎です。

2 今回のテログループの摘発を受けて,モロッコ治安当局は外国人学校及び外交団周辺の警戒レベルを最高度に引き上げるとともに,モロッコ全土の関連施設周辺の監視を強化するよう警察に対する命令を発出しました。具体的には,カサブランカ近郊ダル・ブアッザ(Dar Bouazza)のベルギー人学校やジョージ・ワシントン・アカデミー周辺でのパトロールの強化,外国人が多く居住する地区や観光地区の警戒監視が強化されます。

3 モロッコでは,2015年6月以降,イスラム過激派組織ISIL(イラク・レバントのイスラム国)と関係を有するテログループの摘発が続いています。モロッコからは既に1,500人が外国人戦闘員としてISILの活動地域に渡航し,同地から帰還した戦闘員が,モロッコ国内でテロを実行する脅威も存在しているとみられ,引き続き注意が必要です(2015年3月19日付広域情報「ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起」,2015年7月23日付スポット情報「モロッコ:テロの脅威に関する注意喚起」参照)。

4 ついては,モロッコに渡航・滞在を予定される方は,上記の内容に十分留意し,モロッコ各地のいかなる場所においてもテロの脅威や不測の事態に巻き込まれる可能性があることを念頭に置き,最新の関連情報の入手に努めるなど細心の注意を払うようにしてください。特に,テロの標的となりやすい場所(政府・軍・警察関係施設,モスクや教会等の宗教関連施設,公共交通機関,観光施設,ショッピングセンターや市場など不特定多数が集まる場所)は可能な限り避け,訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら,速やかにその場を離れるなど安全確保に十分注意してください。

モロッコ「海外安全情報」:
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=124#ad-image-0

5 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html
 また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。
(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/#  参照)

6 テロに関しては以下もご参照下さい。
(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」
(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」
(3)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のためのCBRNテロ対策Q&A」
(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載)

(参考スポット情報)
「広域情報:ISILから帰還した戦闘員によるテロの潜在的脅威に関する注意喚起(2015年3月19日付)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo.asp?infocode=2015C075

「モロッコ:テロの脅威に関する注意喚起(2015年7月23日付)」
http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo.asp?infocode=2015C226

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902, 2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省 海外安全ホームページ
http://www.anzen.mofa.go.jp/
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在モロッコ日本国大使館
住所:39 Av. Ahmed Balafrej, Souissi, Rabat, Maroc
電話:(市外局番0537)63-17-82~85(85:領事部直通)
国外からは(国番号212)537-63-17-82~85
FAX :(市外局番0537)75-00-78
  国外からは(国番号212)537-75-00-78
ホームページ: http://www.ma.emb-japan.go.jp/index_j.htm