情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2013年10月24日に失効しました。

鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例 (その31)

2013年05月08日
I.鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例 
 鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例発生状況についてお知らせします。

 7日午後,江西省で1名の新規感染症例が確認されました。
 8日12:00現在,鳥インフルエンザA(H7N9)感染症例が確認されたのは,
中国上海市,安徽省,江蘇省,浙江省,江西省,北京市,河南省,湖南省,
山東省,福建省の2市8省の131名,及び台湾の1名で,感染症例数は132名
(うち死亡31名)です。

1.中国
(1)江西省衛生当局は7日,同省で1名の新規感染症例を確認したことを
 発表しました。新たな感染症例は南昌県在住の79歳女性で,3日に発症,
 6日に南昌市内の病院に入院,7日に感染が確認されました。同感染者は
 自宅でニワトリ、アヒルなどの家きん類を飼育していました。
(2)中国の2市8省で確認された感染症例の内訳は以下のとおりです。   
   浙江省:杭州市,湖州市,温州市,嘉興市,紹興市 
        計46名(うち死亡7名)
   上海市:33名(うち死亡13名)
   江蘇省:南京市,宿遷市,無錫市,鎮江市,蘇州市,揚州市,南通市,
        塩城市,昆山市,常熟市,徐州新沂市 計27名(うち死亡8名)
   江西省:南昌市,宜春市 計6名(うち死亡1名)
        ※死亡した事例は湖南省で治療していた感染症例。
   福建省:龍岩市,福清市,福州市 計5名
   河南省:周口市,開封市,鄭州市 計4名
   安徽省:滁州市,亳州市,天長市 計 4名(うち死亡2名)
   山東省:棗荘市 2名
   湖南省:邵陽市 2名
   北京市:2名(2例目については,陽性であるが発症はしていない。)
(3)4月24日,北京において,中国国家衛生・計画生育委員会及びWHOが
 共同で発足させた鳥インフルエンザA(H7N9)感染防止視察チームが実施
 した,上海家禽市場・実験室・病院の視察結果について,報告会が行われ
 ました(視察実施:4月19日~23日)。同報告会にて視察チームは,(ア)感
 染の危険性は主に市場の家禽に集中しており,現在の状況から渡り鳥や
 渡り鳥の生息地からH7N9の陽性反応はないこと,(イ)ほとんどの病例は
 散発的で,一部,個別の家庭に集中した例もあるが,この家庭に対して共
 通の暴露があったか限定的なヒト-ヒト感染があったかは定かではないこ
 と,(ウ)現在のところヒト-ヒト感染発生の証拠は十分ではなく,持続的な
 ヒト-ヒト感染は発見されていないこと,(エ)一方で限定的なヒト-ヒト感染
 があっても不思議ではなく,早期にこのような状況を発見し監視を強める
 必要があること,状況は未だ複雑で,厳しく,更に発展段階であるとし,WHO
 と中国当局が密接に協力しながら,この新しい脅威に向かっていくと報告
 しました。
(4)また5月5日,中国農業部は,山東省,江西省,広東省で採取されたサン
 プルの計5件について,鳥インフルエンザA (H7N9)の陽性を確認したことを
 発表しました。同発表によれば,5 件の内訳は,山東省棗庄市市中区幸福
 路市場の3 件,江西省南昌市南昌県向塘鎮の1 件,広東省東莞市東城三
 島卸市場の1 件となっています。

2.台湾
 台湾の担当機関の発表によれば、台湾で確認された感染症例1例は,中国
・蘇州市に渡航した後に発症した症例であり,現在台北市において治療が続
けられています。また,台湾行政院農業委員会における家禽モニタリングに
おいてはH7N9ウイルスは検出していないとのことです。

II.現在の状況は上記のとおりですが,中国への渡航,滞在,特に上記の
感染症例が確認されている地域に滞在中の方及び渡航を予定されている
方は,最新情報を随時確認の上,鳥インフルエンザへの感染を予防するた
め,以下の注意事項を参考に行動することをお勧めします。また,最新の
情報については,在中国大使館及び各総領事館等のホームページでも随
時更新・掲載しておりますので,そちらもあわせてご確認ください。
  ●生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避ける。
  ●死んだ鳥や放し飼いの家禽との接触を避ける。
  ●鳥の排泄物に汚染された物との接触を避ける。
  ●手洗い,うがいにつとめ,衛生管理を心がける。
  ●外出する場合には,人混みは出来るだけ避け,人混みではマスクを
   する等の対策を心がける。
  ●突然の発熱や咳など,呼吸器感染症の症状が現れた場合には,
   速やかに最寄りの医療機関を受診する。

○参考情報:
海外安全ホームページ:
 「海外渡航者のための新型インフルエンザに関するQ&A」
 http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/influ_qa.html
「海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A」
 http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
鳥インフルエンザ(H7N9)について(厚生労働省)
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/h7n9.html
海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
 http://www.forth.go.jp
インフルエンザA(H7N9) (国立感染症研究所感染症情報センター)
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/3395-n7n9top.html
 「インフルエンザA(H7N9)ウイルスのヒト感染に対するWHOのリスク評価」(原文:WHO)
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2273-idsc/3439-riskassessment-h7n9.html
 WHO:中国における鳥インフルエンザ(H7N9)ウイルスにより引き起こされる人への感染についてよく寄せられる質問
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2273-idsc/3394-h7n9-qa.html
鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/index.html
Human infection with influenza A(H7N9) virus in China - update(世界保健機関(WHO)
 http://www.who.int/csr/don/2013_05_07/en/index.html
国際獣疫事務局(OIE)
 http://www.oie.int/eng/en_index.htm
中国疾病予防控制中心「人感染H7N9禽流感」※中国語サイト
 http://www.chinacdc.cn/jkzt/crb/rgrgzbxqlg_5295/

(問い合わせ窓口)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
(外務省関連課室連絡先)
 ○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
        (携帯版)  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

(現地大使館連絡先)
 ○在中華人民共和国日本国大使館
  住所:No.1 Liangmaqiao Donjje,Chaoyang District, Beijing 100600,
    People's Republic of China
    (北京市朝陽区亮馬橋東街1号)
  電話:8531-9800
     国外からは(国番号86-10)8531-9800
  FAX:6532-7081
     国外からは(国番号86-10)6532-7081
  ホームページ:http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm
 ○在上海日本国総領事館
  住所:8 Wan Shan Road, Shanghai, People's Republic of China
     (上海市万山路8号)
  電話:5257-4766
     国外からは(国番号86-21)5257-4766
  FAX:6278―8988
     国外からは(国番号86-21)6278―8988
  ホームページ:http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/
 ○在青島日本国総領事館
  住所:45/F Qingdao International Finance Center,59
     HongKong Middle Road, Qingdao, People's Republic of China
     青島市香港中路59号 青島国際金融中心45階
  電話: 8090-0001
      国外からは(国番号86-532)8090-0001
  FAX: 8090-0009
      国外からは(国番号86-532)8090-0009
  ホームページ:http://www.qingdao.cn.emb-japan.go.jp/
 ○在広州日本国総領事館
  住所:Garden Tower, 368 Huanshi Dong Lu, Guangzhou,
      People's Republic of China
      広州市環市東路368号花園大厦
  電話:8334-3009, 8334-3090 (領事・査証班)
      国外からは(国番号86-20) 8334-3009,または8334-3090 (領事・査証班)
  FAX: 8333-8972
      国外からは(国番号(86-20) 8333-8972
  ホームページ: http://www.guangzhou.cn.emb-japan.go.jp/
 ○交流協会台北事務所
  住所:台北市松山区慶城街28号通泰商業大樓
  電話:(02)-2713-8000(領事室内線2100,2102)
      台湾域外からは(地域番号886)-2-2713-8000
     (領事室 内線2100,2102)
      0937-043-408(夜間・土日祝祭日24時間)
  ホームページ:http://www.koryu.or.jp/taipei/
 ○交流協会高雄事務所
  住所:高雄市苓雅区和平一路87号 南和和平大樓9F
  電話:(市外局番07)-771-4008(内線20,56)
     台湾域外からは(地域番号886)-7-771-4008(内線20,56)
     0929-228-458(夜間・土日祝祭日24時間)
  FAX:(市外局番07)-771-2734
     台湾域外からは(地域番号886)-7-771-2734
  ホームページ:http://www.koryu.or.jp/kaohsiung/