情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2015年01月20日に失効しました。

中央アフリカ:バンギ市内における戦闘の発生に伴う注意喚起

2013年12月06日
1.2013年12月5日早朝、首都バンギ市内において局所的に大規模な戦闘が発生しました。報道等によれば、戦闘は、元セレカ(2013年3月にボジゼ大統領を追放した旧反政府勢力。9月にジョトディア「暫定大統領」により解散令が出されたものの、その後も分子が各地で活動している。)とキリスト教自警団のアンチバラカ(一部にボジゼ氏を支持する勢力も含まれている)と見られる集団との間で衝突があり、同日の戦闘で少なくとも死者105人、多数の負傷者が発生した模様です。

2.今般の戦闘を受けて、フランス軍部隊約250人がバンギ市内に展開し、更に増援部隊をバンギ市に派遣した模様ですが、今後も同様の戦闘が発生する可能性は排除できず、また、混乱に乗じた略奪行為のほか、フランス軍の介入に対する報復行為や抗議行動等が発生する可能性もあります。

3.現在、中央アフリカには全土に対して「退避を勧告しています。渡航は延期してください。」の危険情報(http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=112#header )を発出していますので、中央アフリカへの渡航・滞在については目的の如何を問わず延期してください。また、既に滞在中の方については退避を勧告します。

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
 住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902、2903

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
 電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/
             http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○在カメルーン日本国大使館(中央アフリカを兼轄)
 住所:1513, Rue1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun
 電話:(市外局番なし)2220-6202,2220-6585
   国外からは(国番号237)2220-6202,2220-6585
 FAX:(市外局番なし)2220-6203
   国外からは(国番号237) 2220-6203
 ホームページ:http://www.cmr.emb-japan.go.jp/jp/index-jp.html