情報種別:海外安全情報(スポット情報)
本情報は2013年10月24日に失効しました。

中国における鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例 (その16)

2013年04月19日
1.中国における鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例
 (北京市,河南省,上海市,江蘇省,浙江省,安徽省)

 4月3日以降,中国における鳥インフルエンザA(H7N9)のヒト感染症例
発生についてお知らせしています。18日には,上海市,江蘇省,浙江省
において計4例の新規感染症例が確認されていました
 19日12:00現在の状況は,次のとおりです。

(1)在上海日本国総領事館からの報告によれば,18日17:00までに,上海
 市当局より1例,江蘇省当局より1例、浙江省当局より2例の新規感染例を
 確認したことを発表しました。
(2)18日17:00現在,中国国内で鳥インフルエンザA(H7N9)感染者が確認さ
 れたのは上海市,安徽省,江蘇省,浙江省,北京市,河南省の2市4省で,
 感染者数は88名(うち死亡17名)です。
  これまでの地域別の感染者数は以下のとおりです。
    上海市:32名(うち死亡11名)
    江蘇省:南京市,宿遷市,無錫市,鎮江市,蘇州市,揚州市,
         南通市,塩城市,昆山市,常熟市 計21名(うち死亡3名)
    浙江省:杭州市,湖州市,温州市 計27名(うち死亡2名)
    安徽省:滁州市,亳州市,天長市 計 3名(うち死亡1名) 
    北京市:2名(2例目については,陽性であるが発症はしていない。)
    河南省:周口市,開封市,鄭州市 計3名
(3)中国国家衛生・計画生育委員会は,8日午前にWHOと合同記者会見を
 行い,8日時点,ヒト-ヒト感染を示す根拠は確認されていないこと,感染
 者との濃厚接触者に対する経過観察で異常はみつかっていないこと等を
 説明しました。また,18日,WHOは,引き続き本件感染症に関するヒト-
 ヒト感染例は確認されていないこと,及び本件感染症に関し,渡航や貿易
 を制限することを推奨しないとしています。中国当局ならびにWHOは,今
 後も引き続き,感染源の特定や感染発生状況等につき,疫学的調査を
 継続していくとしています。
(4)また,中国農業部は,17日,これまでに,各地の家禽屠殺場,家禽養殖
 場,ブタ屠殺場,野生禽類生息地などから集めた84,444サンプルのうち,
 47,801サンプルについて検査を終了し,39サンプルについて鳥インフルエン
 ザA(H7N9)の陽性を確認したことを明らかにしました。同部の発表によれ
 ば,39サンプルには,南京市秦淮区の野生の鳩のサンプルの他,浙江省
 湖州市の浙北農副産品卸売市場の鶏のサンプル,同市呉興区の道場郷
 農貿市場の鶏のサンプルなど,上海,安徽,浙江,江蘇の生きた禽類を扱
 う9ヶ所の市場のサンプルが含まれている一方,現時点では,家禽類やブタ
 の養殖場ではウイルスは検出されていないとされています。

2.現在の状況は上記のとおりですが,中国は4月29日より労働節の休暇期
間となり,また,日本でもゴールデンウィーク期間が近づいています。中国へ
の渡航,滞在,特に上記1.(2)の感染症例が確認されている地域に滞在中の
方及び渡航を予定されている方は,最新情報を随時確認の上,鳥インフルエ
ンザへの感染を予防するため,以下の注意事項を参考に行動することをお勧
めします。

  ●生きた鳥を扱う市場や家禽飼育場への立入を避ける。
  ●死んだ鳥や放し飼いの家禽との接触を避ける。
  ●鳥の排泄物に汚染された物との接触を避ける。
  ●手洗い,うがいにつとめ,衛生管理を心がける。
  ●外出する場合には,人混みは出来るだけ避け,人混みではマスク
   をする等の対策を心がける。
  ●突然の発熱や咳など,呼吸器感染症の症状が現れた場合には,
   速やかに最寄りの医療機関を受診する。

○参考情報:
海外安全ホームページ:
 「海外渡航者のための新型インフルエンザに関するQ&A」
 http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/influ_qa.html
 「海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A」
 http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html
鳥インフルエンザ(H7N9)について(厚生労働省)
 http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/infulenza/h7n9.html
海外渡航者のための感染症情報(厚生労働省検疫所)
 http://www.forth.go.jp
インフルエンザA(H7N9) (国立感染症研究所感染症情報センター)
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/3395-n7n9top.html
 「鳥インフルエンザA(H7N9)に関する質問と回答」(原文:OIE)
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2273-idsc/3440-oie-qa.html
 「インフルエンザA(H7N9)ウイルスのヒト感染に対するWHOのリスク評価」(原文:WHO)
 http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/a/flua-h7n9/2273-idsc/3439-riskassessment-h7n9.html
鳥インフルエンザに関する情報(農林水産省)
 http://www.maff.go.jp/j/syouan/douei/tori/index.html
Human infection with influenza A(H7N9) virus in China - update
(世界保健機関(WHO)
 http://www.who.int/csr/don/2013_04_17/en/index.html
国際獣疫事務局(OIE)
 http://www.oie.int/eng/en_index.htm
中国疾病予防控制中心「人感染H7N9禽流感」※中国語サイト
 http://www.chinacdc.cn/jkzt/crb/rgrgzbxqlg_5295/

(問い合わせ窓口)
 ○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
(外務省関連課室連絡先)
 ○外務省領事局政策課(海外医療情報)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2850
 ○外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp/
        (携帯版)  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

(現地大使館連絡先)
 ○在中華人民共和国日本国大使館
  住所:No.1 Liangmaqiao Donjje,Chaoyang District, Beijing 100600,
    People's Republic of China
    (北京市朝陽区亮馬橋東街1号)
  電話:8531-9800
     国外からは(国番号86-10)8531-9800
  FAX:6532-7081
     国外からは(国番号86-10)6532-7081
  ホームページ:http://www.cn.emb-japan.go.jp/index_j.htm
 ○在上海日本国総領事館
  住所:8 Wan Shan Road, Shanghai, People's Republic of China
     (上海市万山路8号)
  電話:5257-4766
     国外からは(国番号86-21)5257-4766
  FAX:6278―8988
     国外からは(国番号86-21)6278―8988
  ホームページ:http://www.shanghai.cn.emb-japan.go.jp/