バヌアツ | Vanuatu > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


  (バヌアツには日本国大使館がないため,事故等に遭遇された場合,まず現地警察に連絡し,必要に応じて在フィジー日本国大使館(バヌアツを兼轄。連絡先は末尾)に連絡してください。)

1.近年,首都ポートビラ周辺では,人口の集中や高い失業率等のため,空き巣,引ったくり及び性犯罪等の一般犯罪が増加しています。外出する際の戸締まりや夜間単独での外出,夜遅くまでの外出を控える等の注意が必要です。また,性的被害に遭わないよう,肌を著しる露出する服装は避けてください。マーケットにおいてマリファナ等不法薬物が販売されていることもありますが,決して購入しないでください。なお,サント島ルーガンビル町では,日本人宅への侵入強盗被害が発生しており,窓には鉄格子を設置する等,不用意に侵入されない防犯対策も必要です。

2.ポートビラ周辺等では部族間の抗争が発生することがありますので,巻き込まれないように注意する必要があります。バヌアツ滞在中は現地の報道・ホテル等から最新の情報を入手するとともに,デモや集会を行っている場所や抗争・けんかの現場等多くの人が集まる場所には近づかないようにする等の注意が必要です。

3.クラブ等では飲酒に起因した暴力事件(けんか)が発生することがありますので,巻き込まれないように注意が必要です。また,路上等でも泥酔者や酒に酔った若者の集団からは速やかに離れてください。

4.バヌアツにおいて,日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でテロ事件が複数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

● 査証、出入国審査等


  (手続きや規則に関する最新・詳細情報については,バヌアツ入国管理局((国番号678)22354),バヌアツ歳入関税庁((国番号678)33010,ホームページ:https://customsinlandrevenue.gov.vu ),Vanuatu Tourism Office((国番号678)22685 / 22515,ホームページ:http://vanuatutravel.info )等に確認してください。)

1.観光等を目的とした1か月以内の短期滞在の場合は,査証なしで入国できます。入国の際には有効な旅券(入国時に6か月以上の残存有効期間が必要),出国用航空券(eチケット)が必要です。滞在期間を延長する場合には,申請料と共に入国管理局に申請することにより,最長4か月(当初の1か月を含む)まで滞在することが可能です。ただし,就労目的で長期滞在する場合は,事前にバヌアツの入国管理局に問い合わせ,目的に合った査証を取得する必要があります。

2.持ち込み禁止品は,麻薬,拳銃,公序良俗に反する雑誌・ビデオ等,生鮮野菜,果物,肉類,乳製品,卵製品,種子類等です。

3.バヌアツ入国時の免税範囲は次のとおりです。ただし,15歳以下の者に対する免税の適用はありません。また,商用・譲渡目的のもの,職業用具については基本的に課税対象となり,申告する必要があるので注意が必要です。
 最新の情報については,バヌアツ歳入関税庁又はバヌアツ政府観光局等に直接お問合せください。
(1) たばこ類
 ア 紙巻きたばこ250本,又は
 イ 細巻き葉巻100本,又は
 ウ 葉巻25本,又は
 エ 刻みたばこ250グラム
(2) 酒類
 ア 酒精飲料2リットル
 イ ビール9リットル
 ウ ワイン2リットル
(3) 化粧品等
 ア 化粧水250ミリリットル
 イ 香水100ミリリットル
(4) 合計50,000バツまでの価値の課税対象物品(20176年2月現在1バツ=約1.105円)

4.外貨を含み100万バツ相当以上の現金をバヌアツに持ち込む場合及びバヌアツから持ち出す場合には申告が必要です。

5.出国税は,航空券代金に含まれています

● 滞在時の留意事項


1.一般の観光目的で訪れるような場所に立入禁止区域はありませんが,伝統的な集落等に部外者が立ち入るためには責任者の許可が必要な場合があります。無断で立ち入るとトラブルとなる恐れがありますので,現地旅行会社に確認する等の注意が必要です。

2.麻薬の不法生産,所持,販売等には厳しい罰則があります。

3.外国人が就労するためには,就労許可を取得する必要があります。

4. 銃器所持には厳しい規制があり,ライセンスを保持していても年1回の更新が必要です。なお,一般に警察官は銃器を所持しておらず警棒のみを所持しています。

5.近年,ポートビラ周辺等では飲酒運転や速度超過による交通事故の増加が問題となっており,歩行者が被害に遭う事例もあることから,徒歩での移動には注意する必要があります。

6.車両の通行は日本と反対の右側通行であり,信号機はほとんど無く,交差点が「ラウンド・アバウト」と呼ばれるロータリー式になっているため,運転には十分な注意が必要です。

7.交通機関にはミニバスとタクシーがあります。ミニバスを利用の際は,必ず目的地を伝えるとともに,事前に料金を確認してください。過去に,降車時に法外な料金を要求された事案が発生しています。また,タクシーにはメーターがありますが,念のため乗車前に目的地までの概算料金を確認することをお勧めします。

8.レンタカー等でエファテ島内を周遊する場合には,首都ポートビラ付近以外は未舗装で上り勾配が険しいため,事前に燃料や車両の状態を十分点検しておくことをお勧めします。

9.現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡等に必要ですので,到着後遅滞なく在フィジー日本国大使館(バヌアツを兼轄。連絡先は末尾)に「在留届」を提出してください。また,住所その他の届出事項に変更が生じたとき又は日本への帰国や他国に転居する際には,必ずその旨を届け出てください。なお,在留届の提出は在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても届出を行うことができますので,その場合は在フィジー日本国大使館に送付してください。

10. 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在フィジー日本国大使館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

● 風俗、習慣、健康等


(1) 11月から4月は雨季に当たり,サイクロン(日本の台風に相当)が発生します。サイクロンが上陸したり,直近を通過する場合には,暴風雨となり,海岸付近では高波にさらわれたり,土砂崩れや道路の崩壊等の危険性があります。
2015年3月には大型サイクロン・パムが上陸し,バヌアツ全土83島に影響を及ぼし,特に首都ポートビラでは,90%の建造物が損壊,多数の死傷者が出る等,深刻な被害をもたらしました。
サイクロンの接近が予報されている場合には,海や川の近くを避けるとともに,土砂崩れの危険性がない安全な場所に避難してください。また,日頃からサイクロン発生を含めた気象情報の入手に努めてください。なお,サイクロン情報については以下のサイトをご参照願ください。
バヌアツ気象局: http://www.meteo.gov.vu/Home/tabid/36/Default.aspx
フィジー気象局: http://www.met.gov.fj

(2) バヌアツは火山帯にあるため地震多発地域であり,近年でもマグニチュード7.0以上の大型地震がたびたび発生しています。揺れを感じた場合は,速やかに地震情報の入手に努め,津波の危険性がある場合には,現地当局の指示に従い,海岸付近から高台に避難する等の注意が必要です。なお,地震及び津波情報は,以下のサイトをご参照下さい。
米地質調査所(USGS): http://ptwc.weather.gov/?region=1
ハワイ太平洋津波警報センター: http://www.prh.noaa.gov/ptwc/

(3) バヌアツは,南太平洋地域でも有数の火山列島です。これまでも各地で噴火が起きています。1995年にタンナ島のヤスール山が噴火した際には,日本人旅行者と現地ガイドが火山弾に当たり死亡する事故も発生しました。また,2005年末にはアンバエ島のマナロ山,2009年末にはサンタマリア島のガウア山が噴火していますので,これらの島々に渡航する際には十分に注意し,事前の最新情報の収集に努めてください。なお, 同島等の火山見学に渡航される予定の方は,以下のサイトから最新の火山情報を入手してください。
http://www.geohazards.gov.vu/index.php/hazards-updated-events/volcano-alert-status (注:Level2 以上は立ち入りを制限されています)

● 緊急時の連絡先


[ポートビラ]
◎警察:電話22222 又は 111
◎消防:電話113
◎救急:電話000 / 911 / 112 / 22100 (ポートビラ中央病院救急)
◎民間救急医療会社(プロメディカル):電話115/25566

[サント]
◎警察署:電話37130
◎消防:電話36333
◎救急:電話36345(北部地方病院)
◎民間救急医療会社(プロメディカル):電話115

[マレクラ]
◎警察:電話5183
◎救急:電話48410(ノルスップ病院)

(問い合わせ先)



◎在フィジー日本国大使館(バヌアツを兼轄):電話(国番号679)3304633

(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3679
○外務省海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在フィジー日本国大使館(バヌアツを兼轄)
  住所:Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, 1 Suva, Fiji(G.P.O. Box 13045)
  電話:3304633
    フィジー国外からは(国番号679)3304633
  ファックス: 3302984
    フィジー国外からは(国番号679)3302984
 ホームページ:http://www.fj.emb-japan.go.jp/jointed/vu/ja/index.html

(現地大使館連絡先)
○ 在フィジー日本国大使館
住所:Level 2, BSP Life Centre, Thomson Street, 1 Suva, Fiji(G.P.O. Box 13045)
電話:3304633
   国外からは(国番号679)3304633
ファックス:3302984
   国外からは(国番号679)3302984
ホームページ:http://www.fj.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
※バヌアツは在フィジー日本国大使館が兼轄しています。