スワジランド | Swaziland > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1 スワジランドの犯罪発生率は,周辺国と比較すればそれほど高くありませんが,南アフリカやモザンビークと国境を接しており,両国の麻薬犯罪の中継地点になっていると言われています。南アフリカやモザンビークからの国境地帯では,麻薬取引,違法銃器所有,車の盗難等の犯罪が問題となっており,特に夜間の通行は避けるべきです。また,都市部では強盗,空き巣,暴行,強姦などの犯罪には注意する必要があります。

2 公務員給与引き上げや奨学金支払いを求めるデモ,課税システムに抗議するデモ等が都市部で発生しています。これまで,こうした抗議運動は政府の取締りによって鎮静化していましたが,最近のデモや集会等は暴力的な様相を呈し,治安当局と衝突することもあります。群衆が集まっている場所はデモや集会等の可能性がありますので,近づかないようにしてください。

3.現在,スワジランドにおいて,日本人・日本権益を直接標的とした具体的なテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいてにおいて日本人が殺害された事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でテロ事件が発生しています。このように世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けている者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人,日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識し,誘拐,脅迫,テロ等の不測の事態に巻き込まれることがないよう,渡航情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて十分な安全対策を講じるよう心掛けてください。


● 査証、出入国審査等


(手続きや規則に関する最新の情報については,スワジランド当局に確認してください。)

1 査証
(1)30日以内の観光,商用目的の滞在であれば入国査証(ビザ)は必要ありません。ただし,スワジランド入国時,旅券(パスポート)の残存有効期間が入国日より3か月以上あること,査証欄に未使用のページが2ページ以上あることが必要です。また,スワジランド入国後に南アフリカに入国する際も旅券の査証欄の未使用ページが必要となりますので,あらかじめ渡航前に十分な旅券査証欄の未使用ページがあることを確認してください。
 なお,入国時,出国手段の証明として予約済み航空券,滞在費用として十分な現金,又はトラベラーズチェックなどの提示を求められることがあります。
(2)短期の観光や商用以外を入国目的としている場合や長期滞在を予定している場合には,日本国内にスワジランド大使館がないため,マレーシアや南アフリカなど第三国に所在するスワジランド大使館で査証を申請してください。

2 出入国審査
 スワジランドに陸路で出入国する場合には,通行税が徴収されます。また,国境の検問所において,必ず双方の国の出入国手続きと税関手続きを受けてください。国境ゲートを開閉する係官のあいまいな指示のために,入国印を得ないまま入国してしまった日本人旅行者が,出国の際,入国印がないという理由で逮捕拘束されたケースが報告されています。入国印の有無が不明な場合には,その場で窓口の係官に直接確かめてください。

3 通関
 スワジランドから携行品を持ち出す場合には課税の対象となる場合があるので注意が必要です。
 スワジランドに荷物を持ち込む際,全ての品目に関して関税局への申請が必要です。申請していない場合,出国時に携行品を持ち出す際に課税対象となる場合があります。なお,品目により,以下のような持ち込み禁止措置や持ち込み制限措置がありますので注意が必要です。

(1)持ち込みは可能だが,一人当たりの持ち込み数量に制限のある品目
 タバコ(200本まで),葉巻(20本まで),刻みタバコ(250グラムまで),ワイン(2リットルまで),その他アルコール飲料(1リットルまで),香水(50ミリリットルまで),化粧品(250ミリリットルまで)。
(2)持ち込みの際に許可が必要な品目
 家畜,植物の種子・球根,草本性植物及び木本性植物については,関税及び販売税の支払い並びに検疫が必要です。
 犬・猫については,獣医健康証明書並びに出国した国で発行された狂犬病予防接種証明書が必要です。
(3)持ち込み禁止品目
 違法薬物,武器・弾薬,爆発の恐れのある物,植物および植物製品(許可なしの持ち込み禁止),ペット・動物(許可なしの持ち込み禁止),乳製品および畜産品,偽造通貨,賭博関連製品,ポルノ雑誌。

 また,スワジランドで購入した物品(250エマランゲーニ(250ランド)以上の価値の物品)をスワジランド国外に持ち出す場合には,申告が必要ですので注意してください。

4 外貨申告
 出入国時の外貨の持ち込み,持ち出しは,15,000エマランゲーニ(南アフリカ・ランドと等価)以上の場合には申告が必要です。なお,空港から出国する場合は空港使用料50エマランゲーニが必要になります。また,車で入国する場合には,道路税50エマランゲーニを払う必要があります。

5 通貨
 スワジランドの現地通貨はリランゲーニ(複数形はエマランゲーニ)ですが,同国内においては,南アフリカの通貨(1ランド=1リランゲーニの固定相場)をそのまま使うことができます。ただし,スワジランドの通貨は南アフリカでは使用できません。(2017年1月現在 1米ドル=約13エマランゲーニ)

● 滞在時の留意事項


1 写真撮影の制限
 王宮,政府関係の建物,兵士,警察等の撮影は禁止されています。

2 防犯対策
(1)首都ムババーネやマンジニ等のダウンタウン地区は,危険ですので暗くなってからは立ち入らないようにしてください。
(2)ミニバスやタクシー等の公共交通機関は犯罪に遭う可能性が高いため,できるだけ利用を避けることをお勧めします。
(3)空港やレストラン等においては,防犯対策として荷物等は常に自分の身近に置き,目を離さないように心がけることが必要です。また,車に乗る際は,ドアを必ずロックし,座席や膝の上など外から見えるところに荷物や貴重品等を置かないようにしてください。

3 交通事情
 スワジランドでは,自動車がほぼ唯一の交通手段です。車は,日本と同様に右ハンドル,左側通行です。外国人は,外国大使館が発行した英文翻訳証明書を付した外国の運転免許証で運転できます(英語で記載されている運転免許証(米,英,豪等)は,翻訳証明書は不要です)。
 スワジランドには日本国大使館がありませんので,日本の運転免許証で運転する場合には,在南アフリカ日本国大使館など最寄りの日本国大使館等で英文翻訳証明書(自動車運転免許証抜粋証明)を取得する必要があります。なお,車を利用する際には次の点に十分注意してください。

(1)道路状況は日本よりも悪いので,十分注意して運転することが必要です。特に,郊外や地方ではスピードの出し過ぎ,動物の飛び出しなどにも十分注意して運転することが必要です。
(2)都市部の一部を除き,道路には照明がありません。道路状況が悪いこともあり,交通事故の可能性が高くなるので,夜間走行はできるだけ避けてください。
(3)国境は夜間閉鎖されます。出入国管理事務所の中には午後4時に閉まるところがありますので注意してください。
(4)自動車を運転する場合には,保険を必ずかけてください。

4 長期滞在者向け注意事項 
 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく最寄りの日本国大使館又は各日本国総領事館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,最寄りの在外公館まで送付してください。

5 短期滞在者向け注意事項
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在外公館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

● 風俗、習慣、健康等


1 公用語
 公用語は英語とスワジ語ですが,新聞や政府の公文書は英語が使用されています。人口のほとんどがスワジ族ですが,それ以外にはズールー族やシャンガーン族,さらにヨーロッパ系の人々やモザンビークからの難民などが少数います。

2 習慣等の留意点
 日常での習慣として,物を人に渡す時は必ず右手を使い,その際,左手を軽く添えるようにすることが礼儀とされています。女性はスカートが礼服とされており,観光目的で王宮を訪れる場合も,膝丈より長いスカートを着用することが礼儀とされています。

3 気候
 年間平均気温は最高23度,最低12度程度となっています。夜間は急に気温が低下するので注意が必要です。

4 健康管理上の留意点
 首都以外の地方では,コレラや狂犬病,マラリアなどが発生することがありますので,予防接種や予防薬の服用について検討をお勧めします。また,衛生環境への注意や蚊の駆除など,日常生活においても感染予防を心がけましょう。

5 医療事情
 国内の総合病院やクリニックには,十分な医療機器が揃っていない場合が多く,高度な技術を要する治療の場合は,南アフリカの医療機関に移送されることになりますが,その際の移送費は極めて高額になります。クレジットカードに付帯する保険では高額な移送費をカバーできませんので,あらかじめ十分な補償の海外旅行保険に加入することをお勧めします。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページを参照してください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp/

6 水
 レストランの氷なども含め,飲料水には十分注意が必要です。市販のペットボトル入りのミネラルウォーターをお勧めします。


● 緊急時の連絡先


◎警察:TEL 999(日本の110番に相当)
 TEL 2404-2221(首都,ムババーネ(Mbabane))
◎救急:TEL 2404-2111(首都,ムババーネ(Mbabane))
◎消防署:TEL 933
◎在南アフリカ日本国大使館(スワジランドを兼轄):
 TEL +27-12-452-1500(夜間休日でも音声案内に従って操作すれば日本語可能なオペレーターが応対します。)


(問い合わせ先)


○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3680
○外務省海外安全ホームページ:
  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在南アフリカ共和国日本国大使館(スワジランドを兼轄)
  住所:259 Baines Street, corner Frans Oerder Street, Groenkloof,
      Pretoria 0181, Republic of South Africa.
  電話:(市外局番012)452-1500
   国外からは(国番号27)12-452-1500
  FAX :(市外局番012)460-3800
   国外からは(国番号27)12-460-3800
 ホームページ: http://www.za.emb-japan.go.jp/index_jp.html