トンガ | Tonga > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1 トンガは,太平洋島嶼国の中でも比較的治安の良い国と言われていますが,首都ヌクアロファ(Nuku'alofa)及び周辺地域を中心に,若年層による暴行,傷害,窃盗及び外国人を狙った住居侵入事件等の一般犯罪が増加傾向にあります。特に,2000年初頭から中国人移民が急増し,ビジネスで成功している中国人移民に反感を抱いたとされる一部トンガ人による中国人経営の商店への強盗及び窃盗事件等が多く発生しています。また,2006年10月に発生した暴動では,中国人が経営する多くの商店に対し,トンガ人が破壊や焼き討ちを行いました。中国人に間違えられた日本人が白昼暴行を受けたり,住居侵入等の被害者になったりする事件も少なからず発生していますので,犯罪等に巻き込まれないよう十分注意する必要があります。
 また,銃器を用いた凶悪犯罪も複数報告されています。2016年3月には,コロモトゥア(Kolomotu’a)地区にある中国人が経営する商店で,夜10時頃トンガ人男性が店舗に侵入し,女性従業員に発砲した事件がありました。外国人が狙われた犯罪では,2016年7月,ソプ(Sopu)地区の海岸沿いにある遊歩道で,早朝にランニングをしていた欧米人女性が,背後からトンガ人男性2人に襲われ,顔面を複数回殴打され,被害者は国外に緊急搬送されました。警察によると,金品目的の犯行であったとのことです。同年5月には,パフ(Pahu)地区にある中国人が経営する商店で,中国人経営者がトンガ人男性と口論になり殴打され,頭部に重症を負いました。
 警察当局は治安維持に努めていますが,凶悪犯罪の受刑者が収監されているトンガタプ島内刑務所から脱獄する事件も1年に数回起きています。
麻薬犯罪に関しては,近年,麻薬の不法生産・所持及び販売等が増加しつつあり,警察当局も取り締まりを強化しています。路上やクラブ等で麻薬らしき物を売りつけた後,捜査協力の奨励金目当てに警察に密告するような事件も起きていますので,十分ご注意ください。
 2015年度の犯罪統計によれば,総犯罪件数は4,993件で,そのうち,殺人3件,強姦6件,窃盗773件,住居侵入528件となっています。トンガの総人口が約10万人と考えると,犯罪率は決して低いとは言えません。

2 過去1年間の日本人の主な被害事例は次のとおりです。
(1)住居侵入窃盗(2015年12月)
 午後帰宅したところ,玄関ドアの鍵の様子がいつもと異なることに気づいた。ドアを開けると,居間,食堂及び各寝室にある棚等は全て物色されており,現状がわからない程散らかっている状況であった。警察によると,犯人は住居裏の有刺鉄線を飛び越えて敷地内に侵入し,住居の裏口のドアをこじ開けて屋内に侵入したのではないかとのこと。犯人は冷蔵庫内も物色し,シャワーを浴びた形跡もあった。
(2)暴行未遂(2016年5月)
 午前青空マーケットにて駐車を試みたところ,駐車場係の案内で一方通行を走行中,前方に走行を妨げる杭のようなものを発見した。そのため,前方に走行できなくなり,複数の後続車もあったため,回避するために別の出口に置いてあった交通整理用のカラーコーンを一時的に移動させようとしたところ,近くにいたトンガ人店員が説明も聞かずに突然殴りかかろうとしたため,恐怖のあまりその場を逃げ去った。
(3)車上荒らし(2016年4月)
夕方ブナロード沿いに路上駐車したところ,車から離れている間に窓ガラスが割られ,車内を物色された。車内に貴重品は置いていなかったこともあり,金銭的な被害はなかった。2016年12月にも同じ場所で同様の被害があったとのこと。
(4)詐欺事件(2016年9月)
 ホエールスイミングのため訪れた旅行者が,トンガ政府が定めた「ホエールウォッチング及びホエールスイミング規定2013」に基づくライセンスを有していない業者を利用し,詐欺被害に遭った。
(5)暴行未遂事件(2016年11月)
 日中自宅から徒歩で買い物に出かけたところ,たむろしている若年層3人組に絡まれ,胸ぐらをつかまれた。その場をすぐに離れたため,怪我はなかったが,その後も数回同じ3人組に絡まれることがあった模様。
この他,2015年には,在留邦人に対する住居侵入及び強姦未遂事件が発生している。

3 犯罪被害多発地域
 犯罪の多くは首都ヌクアロファ(Nuku'alofa)及びその周辺で発生しており,特にソプ(Sopu)地区,アナナ(Anana)地区,ウムシ(Umusi)地区,マウファンガ(Ma'ufanga)地区,コロフォウ(Kolofo'u)地区,トフォア(Tofoa)地区,パフ(Pahu)地区等外国人が居住する新興住宅地で犯罪件数が増加しています。これらの地域には街灯がない場所もあるため,夜間の外出,特に女性の一人歩きは避けてください。

4 防犯対策
日中でも人通りの少ない場所は避けてください。また,スリ等に遭わないようにバック等はしっかりと身に着けてください。普段は温厚なトンガ人ですが,口論になると暴力に訴えることがあります。そのような場合は,被害に遭わないため落ち着いて行動し,その場を離れるようにしてください。
夜間は街灯が少ない場所も多いので,外出は極力控えてください。特にバーやクラブ等の周辺では,酔っ払いに絡まれたり,トンガ人同士のけんかに巻き込まれたりしないよう十分ご注意ください。夜間,住宅街等で若年層がたむろしている場所では,暴力事件が多発していますので,近づかないようにしてください。
犯罪とは直接関係はありませんが,トンガ国内では,路上に犬が非常に多く,飼い犬であっても放し飼いにされています。狂犬病はないと言われていますが,噛まれたり,自転車に乗っている際に追いかけられ,転倒して怪我をする事故も発生していますのでご注意ください。
なお,事件や事故等に巻き込まれた場合は,現地警察及び在トンガ日本国大使館に連絡してください。

5 その他
 トンガにおいて,日本人・日本権益を直接標的としたテロ事件は確認されていませんが,近年,シリア,チュニジア及びバングラデシュにおいて日本人が殺害されたテロ事件や,パリ,ブリュッセル,イスタンブール,ジャカルタ等でテロ事件が複数発生しています。このように,世界の様々な地域でイスラム過激派組織によるテロがみられるほか,これらの主張に影響を受けた者による一匹狼(ローンウルフ)型等のテロが発生しており,日本人・日本権益が標的となり,テロを含む様々な事件の被害に遭うおそれもあります。このような情勢を十分に認識して,誘拐,脅迫,テロ等に遭わないよう,また,巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

● 査証、出入国審査等


1 日本人が観光等を目的として短期滞在する場合は,事前に査証を取得することなく入国できます。入国時に有効な旅券(入国時に6か月以上の残存有効期間が必要),出国用航空券(乗船券)及び入国カードを提示すると,31日間滞在が可能なビザ(旅券に押印される)が与えられます。その後,滞在期間を延長する場合は,入国管理局に申請すると,1か月につき69パアンガ(1パアンガは約54円(2016年12月現在))を支払うことにより最長6か月間(当初の31日間を含む)滞在することが可能です。
ただし,就労,就学及び居住等長期滞在目的で入国する場合は,目的に合った査証を取得することが必要です。詳細は入国管理局にご照会ください。

2 (取材を含む)就労目的の場合は,事前に入国許可を得ることが必要ですので,入国前に最寄りのトンガ大使館・領事館ないし入国管理局の査証課(電話:(+676)26969もしくは26970)に通報し,入国後,労働通商産業省に申し出なければなりません。

3 持ち込み禁止品は,麻薬,銃器及び,公序良俗に反する雑誌等です。また,食品,種子,生花及び動植物製品を持ち込む場合には,入国時に申告しなければなりません。不明な点は航空会社等に事前に問い合わせてください。

4 国際線及び国内線共に乗客数等によりフライトスケジュールが頻繁に変更されますので,搭乗便の予約及び出発時間は航空会社にこまめに確認し,航空会社にご自身の連絡先を確実に伝えてください。

● 滞在時の留意事項


1 軍事施設,王室墓地(Mala'ekula)及び王宮等の王室関連施設等は立入禁止となっています。なお,通常の観光地以外の地域を旅行する場合には,政府観光局などに事前に問い合わせておく方が良いでしょう。

2 王宮の周辺でたむろしたり大きな音を発したりすることは禁止されていますので注意が必要です。

3 写真撮影については,通常の観光スポットでは特に制限はありませんが,一部の伝統儀式や宗教的行事では,撮影が禁止されたり,禁止されないまでも嫌悪感を抱かれたりする場合がありますので,事前に許可を得た方が良いでしょう。

4 麻薬の不法所持及び使用は厳しく罰せられますので,決して手を出さないでください。

5 外国人の就労(雇用)は,必ず査証が必要で,就労目的で6か月以上滞在する予定の方は,例外なく警察証明書(無犯罪証明書)の提出が求められます。

6 銃器所持は厳しく規制されています。警察官も通常は銃器を携行していません。

7 トンガは「道路交通に関する条約(ジュネーブ条約)」に加盟していませんので,日本の国際運転免許証では運転できません。レンタカーを利用する場合は,運輸局にてビジター免許証を取得するか,運転手付きで借りることをお勧めします。なお,ビジター免許証は3か月有効で,料金は45パアンガです。申請時に国際運転免許証の提示を求められることもありますので,事前にご確認ください。

8 公共交通手段はタクシーかミニバスであり,タクシー料金の詐欺等は余り発生していませんが,念のため乗車前に料金を確認するようお勧めします。

9 首都ヌクアロファ及び周辺地域では邦人及び外国人が被害者となる侵入強盗事件が発生しています。ホテルによっては,バルコニー側ガラス戸の鍵が未装備であったり,損壊して施錠不可能になっていたりする場合がありますので,滞在される際は部屋の鍵装備状況を確認するようお勧めします。

10 現地に3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく最寄りの日本国大使館又は各日本国総領事館に「在留届」を提出してください。また,住所その他届出事項に変更が生じたとき,又は日本への帰国や他国に転居する(一時的な旅行を除く)際には,必ずその旨を届け出てください。在留届の届出は,在留届電子届出システム(ORRネット,https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet )による登録をお勧めしますが,郵送,ファックスによっても行うことができますので,最寄りの在外公館まで送付してください。

11 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は,外務省海外旅行登録「たびレジ」への登録をお願いします(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。「たびレジ」に渡航期間・滞在先・連絡先等を登録すると,滞在先の最新の安全情報がメールで届き,緊急時には在外公館からの連絡を受けることができます。安全情報の受け取り先として,家族・同僚等のメールアドレスも追加登録できますので,併せてご活用ください。

● 風俗、習慣、健康等


1 トンガ人はキリスト教信仰心が厚く,日曜日は安息日として教会活動以外の活動は原則として行いません。日曜日は,観光客用の宿泊施設とそれに付随したレストラン以外は営業しておらず,バスなどの交通機関(特別に許可されたタクシーを除く)も運行しませんので,タクシーを利用する場合は事前に予約しておく必要があります。日曜日の営業を許可されているリゾート施設以外では,釣り,遊泳及びスポーツ等も禁止されています。また,トンガの人達は,食前にお祈りをしますので,一緒に食事をする際は,お祈りが終わるまで食事を始めないのが礼儀です。

2 公共の場所での飲酒及び喫煙は禁止されています。

3 海水浴場等遊泳地以外での肌の露出度の高い服装は失礼と見なされ,成人男性でも公の場で上半身裸でいることは法律で禁止されています。

4 首都ヌクアロファでも時々停電があり,電話及びインターネット回線も不通になることがしばしばあります。

5 日射しが強いので,日射病や日焼けに注意し,水分等の補給を欠かさないよう留意してください。また,6月から10月にかけては気温が20度以下に下がることもあるので,長袖のジャケットなどを用意した方が良いでしょう。

6 夏場は蚊が多く,蚊が媒介するデング熱,チクングニア熱及びジカウイルス感染症にかかることもありますので,虫除けスプレーを携帯するなど,蚊に刺されないよう十分な注意が必要です。
○(参考)感染症広域情報(http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2016C211.html

7 生水は飲用に適しませんので,煮沸するかミネラルウォーターを飲用してください。

8 沖合の珊瑚礁は波に対する壁となるため白波が立ちます。その付近では,波にさらわれたり巻き込まれたりして珊瑚礁に体を打ち付ける危険性もありますので,遊泳やシュノーケリングをする際は,その付近に近づかないよう注意してください。

9 サメに襲われ死亡する事故が発生していますので,遊泳場所については,その他の島も含め事前に十分情報を収集した上で選定してください。また,美しい魚は毒を持っている場合が多いので,素手では絶対に捕まえないようにしてください。

10 路上には野犬や放し飼いの犬が多く,在留邦人や日本人観光客が歩行中に犬に噛まれる被害が多く発生していますので,十分に注意が必要です。

11 観光名所の一つにコロバイ(Kolovai)地区の特定樹木にのみ生息する大コウモリ(Flying Foxes)があります。このコウモリは,その昔サモアからトンガに嫁入りで来た王妃と共に王家に進呈されたという伝説があるため,捕獲したり食したりすることは習慣的に禁止されています。その他,国民は王家や伝統を非常に大切にしていますので,不明な点は事前に観光局等に確認するようお勧めします。

12 トンガ人は基本的に親日的ですが,一部には反中感情もあると言われており,中国人と間違われて不当な対応を受ける可能性もあります。状況によっては日本人であることをはっきり伝えた方がよいでしょう。

13 11月から4月にかけて,サイクロンが発生することがありますのでご注意ください。

14 「在外公館医務官情報」
http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/oceania/tonga.html )において,トンガ国内の衛生・医療情報等を案内していますので,渡航前には必ずご覧ください。
 その他,必要な予防接種等については,以下の厚生労働省検疫所ホームページも参考にしてください。
◎感染症情報(http://www.forth.go.jp

● 緊急時の連絡先


◎警察署:TEL 922
◎消防署:TEL 999
◎病院  :TEL 933
◎緊急事態:TEL 911(交換手に状況を説明すると担当部署に繋がる)

◎在トンガ日本国大使館:TEL (+676) 22221 閉館時緊急電話 (+676)7772027
FAX (+676) 27025

※ 在留邦人向け安全の手引き
 現地の在外公館(日本大使館・総領事館等)が在留邦人向けに作成した「安全の手引き」もご参照ください。

(問い合わせ先)


(問い合わせ窓口)
○外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関係課室連絡先)
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2306
○外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3047
○外務省 海外安全ホームページ:
http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)
http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.html (スマートフォン版)
http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館連絡先)
○在トンガ日本国大使館
  住所:Level5,NRBT Building, Fasi-moe-'Afi, Salote Road, Nuku'alofa, Tonga.
  電話:22221
   国外からは(国番号676)-22221
  ファックス:27025
   国外からは(国番号676)-27025
  ホームページ:http://www.ton.emb-japan.go.jp/index_j.htm