ノルウェー | Norway > 安全対策基礎データ

※本情報記載の内容(特に法制度・行政手続き等)については、 事前の通告なしに変更される場合もありますので、渡航・滞在される場合には、渡航先国の在外公館または観光局等で最新情報を確認してください。

● 犯罪発生状況、防犯対策


1. 治安状況は一般的に良好で,一般犯罪は減少傾向にありますが,置き引き,スリは依然としてあとをたちません。特に,オスロ市内や空港,駅,公共交通機関の車内,ホテルのフロント,レストラン等での被害が多く,これらの場所や人混みの中ではカバンなど貴重品はしっかりと身につけるなど,スリや置き引きに対する注意が必要です。また,ノルウェーにおいても組織的犯罪が増加傾向にあります。

2. 防犯対策
 防犯対策は以下のとおりですが,常に周囲に注意するよう心がけてください。
・レストラン等では,バッグ等を椅子等に置いたまま席を離れない。
・空港,ホテルロビー,レストラン等では,バッグ等を隣の席や足下に置かず,身体から離さないようにする。
・路上では,携帯電話,カメラなどはバッグにしまう。
・ 貴重品は分散し,身につけて携行するようにする。
・見知らぬ人に話しかけられたら,まず警戒して荷物を確認する。
・人混みの中では,バッグ等は身体の前で持ち手を添え,周囲に注意を払う。
・複数人のグループが近づいてきたらその場から遠ざかる。
・長距離列車の網棚に貴重品を置かない。
・ATMはできるだけ銀行内のものを利用する。

3. オスロ市内
 オスロ中央駅周辺は治安が良くなく,特に夜間は危険です。夜遅くの一人歩きは避けてください。

4. 最近のテロ等の治安情勢を踏まえ,ノルウェー警察は警察官に拳銃を常時携行させ,警備を強化しています。公共の場所や交通機関を利用するときには十分注意し,警察による規制区域等には必要がない限り近づかない,また,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等安全確保に注意を払ってください。また,テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう,最新の関連情報の入手に努めてください。

5. シリアやチュニジアにおいて日本人が殺害されるテロ事件が発生したほか,ISIL(イラク・レバントのイスラム国)等のイスラム過激派組織やこれらの主張に影響を受けている者によるとみられるテロが世界各地で発生していることを踏まえれば,日本人,日本権益がテロを含む様々な事件に巻き込まれる危険があります。このような情勢を十分に認識し,誘拐,脅迫,テロ等の不測の事態に巻き込まれることがないよう,海外安全情報及び報道等により最新の治安・テロ情勢等の関連情報の入手に努め,以下の点を例に日頃から危機管理意識を持つとともに,状況に応じて適切で十分な安全対策を講じるよう心がけてください。

● 査証、出入国審査等


(規則や手続に関する最新の情報については,駐日ノルウェー大使館(電話:03-6408-8100)等に御確認ください。)

1. 査証
(1)日本とノルウェー間には査証免除取極が締結されているため,観光や知人訪問などを目的とした90日以内の滞在については,査証の取得が不要です。

(2)なお,ノルウェーが加盟しているシェンゲン協定に関し,2013年10月18日より,同域内において査証を必要としない短期滞在については,「あらゆる180日の期間内で最大90日間を超えない」との規定が適用されます(従来は,「最初の入域の日から6か月のうち最大3か月の間」であった規定が変更となったもの)。
 また,2013年7月19日より,短期滞在査証免除の対象者についても,有効期間が出国予定日から3か月以上残っており,かつ,10年以内に発行された渡航文書(パスポート)を保持していることが必要となりました。
 シェンゲン領域における日本人を含む第三国国民の取扱いは複雑かつ流動的であるので,渡航前に確認することが重要です。具体的には,シェンゲン協定の詳細等につきましては駐日欧州連合代表部(電話:03-5422-6001,URL:http://www.euinjapan.jp/ ),ノルウェーの措置に関する情報は駐日ノルウェー大使館に問い合わせて必ず確認することをお勧めします。
※参考:外務省ホームページ「欧州諸国を訪問する方へ」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html

(3)営利活動目的又は3か月を超えて滞在する場合は,入国前にあらかじめ駐日ノルウェー大使館で滞在許可を取得する必要があります。

2. 出入国審査等
 シェンゲン協定加盟国領域内から到着する場合は,入国審査はありません。シェンゲン域外からの場合,入国審査は,入国の目的・滞在期間の確認等の審査が行われますが,有効な旅券,査証を所持していれば,特に問題になることはありません。
 なお,上記1.(2)のとおり,2013年7月19日から,入国時点の必要な旅券(パスポート)の残存有効期間が出国予定日から3か月以上残っており、かつ、10年以内に発行された渡航文書(パスポート)であることが必要となりました。
 ノルウェーは,シェンゲン協定に加盟しています。詳細につきましては,外務省ホームページの渡航関連情報のビザ(査証)の「欧州諸国を訪問する方へ」(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/page4_000122.html )を御参照ください。

 シェンゲン領域内の移動に際しては,入国審査の有無にかかわらず,日本国旅券を常に携行する必要があります。シェンゲン領域内において,旅券を紛失(盗難を含む)した場合には,速やかに旅券を紛失した場所(国)において,現地警察などへの届出及び最寄りの在外公館にて旅券(または帰国のための渡航書)の発給手続きをするように留意してください。

3. 外貨申告
 入国時に,2万5,000クローネ相当額以上の現金(外貨,トラベラーズチェックなど)を持ち込む場合には,税関に申告が必要です。

4. 通関
 税関は自己申告制で,以下のとおり通路が分類されています。なお,抜き打ち検査があり,申告すべき物があるのに申告しなかった場合は厳しく処罰されます。
  申告すべき物がない場合:緑色の通路
  申告すべき物がある場合:赤色の通路
(1)主な免税範囲
ア 観光などで入国する場合
 タバコ200本,蒸留酒(22%~60%)1リットル,ワイン1.5リットル及びビール2リットル(タバコがない場合は蒸留酒(20%~60%)1リットル,ワイン3リットル及びビール3.5リットル))
イ ノルウェー在住の場合
 タバコ200本,蒸留酒(22%~60%)1リットル,ワイン1.5リットル及びビール2リットル(タバコがない場合は蒸留酒(20%~60%)1リットル,ワイン3リットル及びビール3.5リットル))
 ノルウェー国外での滞在が24時間未満の場合
  3,000ノルウェークローネ以下(購入したものの合計)
 ノルウェー国外での滞在が24時間以上の場合
  6,000ノルウェークローネ以下(購入したものの合計)
(2)主な禁制品等
 麻薬等の禁制品持ち込みの検査は特に厳しく行われます。また,銃器,爆発物(花火を含む),公序良俗に反する出版物は持込禁止です。美術・骨董品の持ち出しについては当局の許可が必要です。
(3)職業上必要な物品の持ち込み
 職業上必要な物品を持ち込む場合は,日本においてATAカルネを取得の上,通関時に申告する必要があります。ATAカルネについては,http://www.customs.go.jp/kaigairyoko/atacarnet.htm を御参照ください。
 なお,興行目的ではなく個人の使用のため楽器などを持ち込む場合は,通関で申告する必要はありません。

 詳しくは駐日ノルウェー大使館(電話:03-6408-8100)に御確認いただくか,ノルウェー税関ホームページ(http://www.toll.no/en/international/english )を御参照ください。

● 滞在時の留意事項


1. 滞在届
 ノルウェーに3か月以上滞在する場合には,入国後1週間以内に,住所地を管轄する警察署へ滞在届を行う必要があります。なお,通常,事前にApplication Portal (https://selfservice.udi.no/em-gb )又は電話で予約する必要があります。
 滞在許可証(Oppholdstillatelse/Residence Card)の交付後,住所地を管轄する税務署に改めて住所(ホテルの住所は不可)を登録する必要があります。税務署に登録後,パーソナルナンバー(PERSONNUMMER)が交付されます。

2. 在留届の届出
 ノルウェーに3か月以上滞在される方は,緊急時の連絡などに必要ですので,到着後遅滞なく在ノルウェー日本国大使館に「在留届」を提出してください。また,住所その他の届出事項に変更が生じたとき又はノルウェーを去る(一時的な旅行を除く)ときは,必ずその旨を届け出てください。在留届は,在留届電子届出システム(ORRネット,http://www.ezairyu.mofa.go.jp/ )による登録をお勧めします。また,郵送,ファックスによっても届出を行うことができますので,大使館まで送付してください。

3. たびレジへの登録
 在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者など)についても,現地での滞在予定を登録していただけるシステムとして,2014年7月1日より,外務省海外旅行登録「たびレジ」の運用を開始しています(https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )。登録された方は,滞在先の最新の海外安全情報や緊急事態発生時の連絡メール,また,いざという時の緊急連絡などの受け取りが可能ですので,ぜひご活用ください。

4. 写真撮影の制限
 空港及びノルウェーの軍事施設周辺は写真撮影禁止です。標識で表示されていますので注意してください。

5. 麻薬取締り
 麻薬の取締りは厳格に実施されています。常備薬を持ち込む場合は,処方箋など当該薬の使用目的や成分を説明する書類を用意しておくことが必要です。

6. 就労
 入国前に駐日ノルウェー大使館で就労許可(滞在許可)を取得する必要があります。なお,不法就労に対しては取締りが厳しく,原則,違反した場合は国外退去処分になります。

7. 交通事情
(1)優先道路を除き,信号のない交差する道路(含むT字路)では,右側から進入(行)してくる車両に優先権があります。一方,環状十字路(ラウンドアバウト)内においては,先に環状十字路内に入っている車両に優先権があります。また,バス,路面電車の走っている道路ではバス,路面電車が優先します。歩行者,自転車は,車両の通行が途切れた場合など赤信号でも道路を横断するので,自動車を運転するときは注意が必要です。
(2)交通法規違反に対する罰則が強化され,警察の取締りも厳しくなっています。特に,飲酒運転の取締りは厳しく,罰金又は運転免許停止となります。
(3)公共交通機関の車内では抜き打ちで無賃乗車の検査を行っています。切符を所持していない場合,又は改札(刻印)をしていない切符を所持している場合は罰金を科せられますので,御注意ください(入り口や車内に改札機があります)。
(4)日本の自動車運転免許証からノルウェーの運転免許証への切換えは,パーソナルナンバー交付後1年以内に行う必要があります。なお,ノルウェー入国後3か月は日本の運転免許証とその翻訳文(在ノルウェー日本国大使館発行の運転免許証抜粋証明)又は国際運転免許証を携行していれば,運転できます。

8. オーロラ観光における留意事項
 スノーモービルによるオーロラ観光では人身事故が発生していますので,ご注意ください。

9.子を連れた出国の際の留意事項
(1)ノルウェーにおいては,親権を持つ親であっても,他の親権者の同意を得ずに子の居所を移動させること(親が日本へ帰国する際に子を同行する場合を含む)は,子を誘拐する行為として重大な刑事犯罪となる可能性がありますので御注意ください。
(2)ノルウェーは,国境を越えて不法に連れ去られた子の返還の仕組み等を定める「国際的な子の奪取の民事上の側面に関する条約(ハーグ条約)」の締約国です。そのため,一方の親が他方の親の監護権を害する形(相手方の同意を得ない等)で,ノルウェーから他のハーグ条約締約国へ子を連れ去った場合には,同条約に基づき,原則子が元の居住国に返還されることとなります(ハーグ条約の詳細に関しては,こちらのページhttp://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/hague/index.html を合わせて御覧ください)。
(3)子供への暴力
 ノルウェーでは,子供個人の保護を優先する児童保護政策により,たとえしつけのためであっても子供への暴力は一切許されていません。

● 風俗、習慣、健康等


1. 衛生事情
 水道水は飲料水として飲用できます。

2. 医療事情
 ノルウェーの医療水準は高水準ですが,医療機関における診察・治療費用は高額であるため,渡航・滞在に際しては海外旅行保険に加入しておくことをお勧めします。さらに医薬品の大部分は,医師の処方箋が無いと購入できませんので,短期滞在の方で持病がある場合は,必要な常備薬の持参をお勧めします(EU/EEA域外から最長で3か月分の持込み可)。
 なお,イースターやクリスマス等の長期休暇の時期は,医療機関においても医師や看護師が長期の休暇を取るため,受診が困難な場合があります。

3. 健康に関する留意事項
 冬が長い上に寒さが極めて厳しく(摂氏マイナス20度以下になることもあります),また,夏でも夜間はかなり冷え込むこともあるので,服装に十分留意することが必要です。

● 緊急時の連絡先


◎警察:電話112
◎救急車:電話113
◎消防署:電話110
◎在ノルウェー日本国大使館:電話 (国番号47)2201-2900

※ 在留邦人向け安全の手引き
 現地の在外公館(日本大使館・総領事館等)が在留邦人向けに作成した「安全の手引き」(http://www.no.emb-japan.go.jp/Japanese/Ryoji/ryouji_files/20150224anzen.pdf )も御参照ください。

(問い合わせ先)


(問い合わせ窓口)
○ 外務省領事サービスセンター
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省関連課室連絡先)
○ 外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○ 外務省領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐関連)
  電話:(代表)03-3580-3311(内線)3678
○ 外務省 海外安全ホームページ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/
  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

(現地大使館連絡先)
○ 在ノルウェー日本国大使館
  住所:Haakon VIIs gate 9, 0244 Oslo, Norway
  電話: 2201-2900
   国外からは (国番号47)2201-2900
  ファックス: 2244-2505
   国外からは(国番号47)2244-2505
  ホームページ:http://www.no.emb-japan.go.jp/index_j.htm